FC2ブログ

黒笠山



今日の山は大変でした。

徳島の山に登ろうと考え、山渓から出ている徳島県の山(徳島労山著)を購入し、
小島峠から黒笠山往復を選択しました。

往復4時間45分のコース。「少し難路ですが、初心者はロープがあると良い」とか・・。
まあ登ってみて下れないようなら周回ルートにしよう。

ところが・・・・、

歩いてもつかない・。

おかしい、地図のコースタイム通りにいつも歩いているのに。
最近歩いてないからダメなのか?

そうこうするうちに体調まで悪くなりだした。
ふら~っとなりかける状態に焦りを覚え、とりあえずピラフ食べましょう。

このコース、マイナーなので誰も通らないの。

5時間かかって頂上に到着。

あの、「初心者はロープがあると良い」斜面は、私は下れません・・。よって、周回コースに。

・・・おかしい・・・。周回コースはコースタイム通りに歩ける。何故???

帰宅して、旺文社の地図を開くと、そこには「登り5時間、下り4時間、悪路」の文字が・・・。

労山おそるべし。。
しかしながら、黒笠山から奥社経由の下りは旺文社の地図よりも時間がかかるコースタイムとなっている。???

天気は良いし、紅葉もすばらしいし、体調には焦ったけれど、
終わり良ければ総て良し。

そうそう、
周回コースと言っても、下山口の白井から小島峠までは2時間強かかりました。
約7km、標高差500Mの登りです。笑)

s_IMG_1680.jpg

スポンサーサイト



憂鬱な日はまだまだ続く



今日も2時間の戦いの後、儚く散りました、私メの闘争心・・。
最後はちょっと触られるだけで電気が走る始末。

これでは先生も穴を掘れません。

結果、大学病院送りになりました。

「大学病院なら麻酔科の専門医がいるから」云々・・。

ハァ~・・・。

激戦



私メ、戦いました。よく頑張りました。
でも、今週の土曜日に、また再戦しなくてはなりません。

私メ、どうやら麻酔が超効きにくい体質のようで、
中断を挟んで2時間の戦いに、精根尽き果て・・。

いろいろと手を尽くしてくれた先生も、

「しんどかったねえ」
「おかしいねえ。普通なら麻酔すればグリグリもモゾモゾするくらいなのだけれど」
「まあ、麻酔はみんなに効くわけじゃないから」
「大学の講習でもそのような症例を習ったんだよ。」

その顔にはしっかり「かわいそうにねえ」の文字が・・。

・・全然助けにならないし。いっそのこと殺してくれればよいのに・・・。

生きている神経の脇に薬を注入すればもっと楽になるからと、神経に触りながら進む歯の治療。

頭に近いから(強力な)麻酔はできないのかな?
でも、ばあさんは脳動脈瘤のクリップ手術で麻酔したような・・。

目が覚めたら根治している治療方法って、無いかな。

ああ、憂鬱。ゆううつ。ユウウツ。


Blues



午前中に夜釣りの仕掛けをいそいそと作成し、
夕方には億劫になり、パス。

あれこれと地図を引っ張り出して道具を点検し、早起きを想定して寝床に入るも、
翌朝目が覚めると既に陽は高く。

テレビの番組はやたらとワンニャンが目に付き・・・。

いつの間にか選んでいる曲は、ブルース・・・。

いかんなあ・・・。

IMG_1657.jpg


Closet to the truth

Romantically insane
Moving soft along the edge of time
Like a panther in the rain

Manipulated rebels
With a total disregard for the rules
When pride comes tumbling off the great white stallion
You move closer to the truth

And the search continues for the meaning
They build the cathedrals high
But we keep our weapons ready
Looming dark against the sky

They're taking down the rain forest
Changing it to a room without a view
And the big trees fall like dominoes
And we move closer to the truth
The eagle watches from the mountain
As the warriors turn into fools
And the dice are thrown on sacred ground
And they move closer to the truth

And who's gonna tell the children
How the rivers used to flow crystal blue
And we keep leaving scars on Mother Earth
And moving closer to the truth

by Joe White

・・・切ない詩だねぇ・・・。  a t 雨の京橋